照明デザイナーの視点から光の景観とその表情、見所をレポート。ライトアップやイルミネーションを中心に、その光を当てる対象となる庭園や建築、ランドスケープ空間も巡ります。


by homura_lsd

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
徒然
ライトアップ
庭園
イルミネーション
照明全般
ランドスケープ
建築
指定なし
Link
未分類

以前の記事

2015年 04月
2015年 03月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
more...

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

あざみ野うかい亭 春のバラフ..
at 2015-04-26 16:05
新たなかたちでのライトアップ..
at 2015-03-06 16:31
浜離宮恩賜庭園ライトアップ
at 2015-03-06 00:30
照明機材のレンタル
at 2013-08-24 16:16
ランドスケープを語る会 『J..
at 2013-05-20 13:20

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

建築・プロダクト

画像一覧

「武家の古都ライトアップ」 鎌倉・長谷寺周辺

昨日の仕事中ネットを見ていると、20日まで鎌倉・長谷寺周辺でライトアップを行っているという情報を発見!

全く知らない情報だったので、情報を集めているうちに行きたい欲求が増し、仕事半ばに夕方から鎌倉へ。



このライトアップイベントは鎌倉まつりのイベントのひとつで、先週末(4/18~4/20)のみ「武家の古都ライトアップ」というテーマで長谷地区がライトアップされていた。イベントは他にも野点や流鏑馬なども催され、期間中は結構イベント盛りだくさんだったようだ。



今回ライトアップの対象となっていたのは、長谷寺、高徳院境内(鎌倉の大仏)、光則寺、鎌倉文学館。

特に鎌倉の大仏はあまりにも有名だ。



以前にも鎌倉には観光で訪れたことがあるので、まずは駅から一番近くわかりやすい場所にある長谷寺へ。

長谷寺では和傘作家の堀江康子氏による和傘のライトアップもイベントのひとつとして行われていた。



和傘が並び、周囲の景観とともにライトアップされている景色は不思議な印象。



f0322812_23261450.jpg




f0322812_23261435.jpg




花の寺でも有名な長谷寺だが、その長谷寺の木々や花々がライトアップされた表情よりも、この和傘のライトアップが強く印象的に残り、長谷寺らしさ(長谷寺の持つ表情)を光で感じる部分は少なかった。

和傘と近い和紙等の素材で作った行灯(足元灯)でもあれば、全体の表情にも統一感が生まれ、空間として引き締まったのかもしれない。(今回は剥き出しの蛍光灯が足元灯として設置されていたため)



f0322812_2326144.jpg




f0322812_23261585.jpg




この時期のライトアップは今年から始めたということも耳にしたので、また来年に期待したい。



長谷寺の後に足を運んだのは鎌倉文学館。

ここは建物のみのライトアップ。



f0322812_23261546.jpg




そして鎌倉の大仏。

ちょうど鎌倉に向かう車中で読んでいたブルーノ・タウトの『ニッポン』に、偶然にも鎌倉に関する文章もあり、観光経営について考えを巡らせていた。



f0322812_23261599.jpg




高徳院境内にある大佛像。

ここに到るまでの境内に明かりはなく、ライトアップされているのは本当に大佛像のみ。

真っ暗な周囲の中にぽつんと浮かび上がる大佛像を意図してのライトアップだったのだろうか?光の意図を知りたい部分だ。



ライトアップの投光器に加え、なぜか階段部分には工事現場でよく使用される器具が吊り下げられ、クリアの白熱球が点されていた。恐らく階段部分の足元明かりの役割の光だと思うが、なぜここであえて「上から吊る」という光にしたのか、わからない部分だ。写真を撮影していて気になる光でもある。



f0322812_23261535.jpg




「夜間に対象に光を当てる」 = 「ライトアップ」

という認識は広く一般に理解され、様々なライトアップイベントが各地で行われている。



「そこに光を当ててライトアップする本質はどこにあるのか?」



これは自分自身、常に考えている部分でもある。

なぜ照らすのか?を考え、その答えを光で表現するようなライトアップがもっと増えて欲しいと思う。


 







f0322812_23255977.jpg
 

[PR]
by homura_lsd | 2008-04-21 18:30 | ライトアップ