照明デザイナーの視点から光の景観とその表情、見所をレポート。ライトアップやイルミネーションを中心に、その光を当てる対象となる庭園や建築、ランドスケープ空間も巡ります。


by homura_lsd

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
徒然
ライトアップ
庭園
イルミネーション
照明全般
ランドスケープ
建築
指定なし
Link
未分類

以前の記事

2015年 04月
2015年 03月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
more...

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

あざみ野うかい亭 春のバラフ..
at 2015-04-26 16:05
新たなかたちでのライトアップ..
at 2015-03-06 16:31
浜離宮恩賜庭園ライトアップ
at 2015-03-06 00:30
照明機材のレンタル
at 2013-08-24 16:16
ランドスケープを語る会 『J..
at 2013-05-20 13:20

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

建築・プロダクト

画像一覧

風鈴

今日は都内で打ち合せの後、先方の会社が動きやすい場所にあったたため、芝パークホテルで開催中の「日本の庭をつくる 庭園界の巨匠 安諸定男展」、そしてオカムラスペースデザインスペースRで開催中の第6回企画展「風鈴」に立ち寄った。



安諸定男展の方は主に写真パネルの展示で、写真からでは氏の手掛ける編笠門、石積み、土塀といったマテリアルの素晴らしさは感じ取れなかった。やはり現場を見ないと伝わらないものなのだと感じる。



オカムラスペースデザインスペースR第6回企画展「風鈴」は、一定の間隔で吊り下げられた約300個の風鈴が、センサーで人の動きを察知して涼しい音を鳴らし、音に合わせてホタルのようにLEDの柔らかな光を発するというもの。



f0322812_23262659.jpg




手掛けたのは、伊東豊雄氏とタクラム・デザイン・エンジニアリング。



やはりこの種のセンサー+音+光系のインスタレーションは、いつもそれなりに完成度が高いものが多く、今回もよくできていた。モックアップや試行錯誤の過程も垣間見れ(映像が流れているので)、完成するまでの苦労も伝わってくる。



f0322812_23262625.jpg




この種のインスタレーションもいつかはやってみたいと思ってはいるが、それなりに費用もかかるものなので、個人で企画から展示までするのはなかなか難しいのが現実でもある。

まだまだ先の話かな。。



こうしたインスタレーションは、写真で見ただけでは感じることはできないものなので、機会があればぜひ足を延ばして、実際にその作品の光や音、空気といったものを感じてみてもらえればと思う。





オカムラデザインスペースR 第6回企画展「風鈴」

http://www.okamura.co.jp/company/topics/exhibition/2008/design_space-r-6.php


 







f0322812_23255977.jpg
 

[PR]
by homura_lsd | 2008-08-12 23:41 | 照明全般