照明デザイナーの視点から光の景観とその表情、見所をレポート。ライトアップやイルミネーションを中心に、その光を当てる対象となる庭園や建築、ランドスケープ空間も巡ります。


by homura_lsd

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
徒然
ライトアップ
庭園
イルミネーション
照明全般
ランドスケープ
建築
指定なし
Link
未分類

以前の記事

2015年 04月
2015年 03月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
more...

お気に入りブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

あざみ野うかい亭 春のバラフ..
at 2015-04-26 16:05
新たなかたちでのライトアップ..
at 2015-03-06 16:31
浜離宮恩賜庭園ライトアップ
at 2015-03-06 00:30
照明機材のレンタル
at 2013-08-24 16:16
ランドスケープを語る会 『J..
at 2013-05-20 13:20

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

建築・プロダクト

画像一覧

潮入の庭

週末はJLFのイベント「水系からランドスケープを読み解く会 隅田川沿いの庭」に参加。


 


今回は潮入の庭園を中心に、横網町公園、旧安田庭園、隅田公園、東京スカイツリー建設地、清澄庭園、中の島公園と見てまわり、最後は東京水辺ラインに乗船。川側からの景色も楽しんだ。


 


毎回参加しているのが近い世代の方々ばかりなので、色々と話しやすい会でもある。


 


まずは初めて訪れた旧安田庭園。

元々は隅田川の水系を利用していたため、自然の潮位の変化と同期して池の水位も変化していたが、現在は地下に巨大な水槽をつくり、水の浄化と人工による干満を行っている。


 


f0322812_23264768.jpg


旧安田庭園


 


ちょうど訪れた時間は潮位が上がっていたので、飛石は水の下。

景色にこうした変化があると、また違う表情(潮位の下がっている時の庭)を見に来たくもなる。


 


園内は無料で開放されていることもあり、犬の散歩をするひとやスケッチを楽しむひと、のんびりと庭を眺めているひとと様々。開放的でなかなか気持ちのよい庭でした。


 


f0322812_23264738.jpg


隅田公園


 


隅田公園は場所柄か、とても居心地の良い空間とは言えず、雑多でまた行きたいと思うような公園ではなかった。


 


移動中、東京スカイツリー建設地も通りかかる。


 


f0322812_23264729.jpg


東京スカイツリー建設地


 


少しずつ形が出来てきていたが、現場に立ってその高さを想像してみると、簡単にイメージできるような高さではなかった。


 


この東京スカイツリーのライトアップの基本構想を手掛けているのはシリウス ライティング オフィスの戸恒氏。


これまでにないライトアップになるそうなので、完成が楽しみだ。


 


清澄庭園は以前ライトアップされている時に訪れたことはあったのだが、昼間は初めて。


 


f0322812_23264734.jpg


清澄庭園


 


キレイに管理され、庭に使われている材料も素晴らしいものばかりなのだが、個人的な感想としては、どこか落ち着かない庭のようにも感じる。


 


ここ清澄庭園には全国の奇石珍石が置かれていることでも有名だが、基本的に大ぶりな石が使われている。

もちろんそうした石は中島にも使われており、その護岸の石に荒々しさを感じてしまうので、どこか安らげないのかもしれない。


 


f0322812_23264796.jpg


清澄庭園・中島


 


ただ、以前に訪れたライトアップの時にはそのような印象は受けていない。


 


f0322812_2326472.jpg


清澄庭園ライトアップ・出島(2007)


 


この時のライトアップでは、どちらかと言えば樹木に光を当てていたために、視線が石には向かず、それほど気にならなかったのかもしれない。




やはり光の使い方次第で庭の印象も大きく変わるものなのだと実感する。


 


今回訪れた中で意外と面白かったのが中の島公園。

ここは隅田川唯一の水上公園で、ここも潮入の公園となっている。


 


f0322812_23264773.jpg


中の島公園


 


f0322812_23264743.jpg


 


ちょうど訪れた時間は水が入り始めた頃だった。


 


面白いのはこの公園の奥の橋の下。


 


f0322812_23264799.jpg


 


公共空間でありながらこのデザイン。そしてここも潮位によって表情が変わるつくりになっている。

橋の下で暗いということはあるが、なかなか遊び心をくすぐる空間だ。


 


f0322812_23264739.jpg


東京水辺ライン


 


今回は潮入の庭園という括りだったが、こうした水景の表情の変化を楽しめるのは江戸ならではで、京都の庭にはないもの。

その土地にあった景色をつくることの良さを感じることのできる、良い機会となった。


 


 


 


[PR]
by homura_lsd | 2009-05-12 23:55 | 庭園