照明デザイナーの視点から光の景観とその表情、見所をレポート。ライトアップやイルミネーションを中心に、その光を当てる対象となる庭園や建築、ランドスケープ空間も巡ります。


by homura_lsd

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
徒然
ライトアップ
庭園
イルミネーション
照明全般
ランドスケープ
建築
指定なし
Link
未分類

以前の記事

2015年 04月
2015年 03月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
more...

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

あざみ野うかい亭 春のバラフ..
at 2015-04-26 16:05
新たなかたちでのライトアップ..
at 2015-03-06 16:31
浜離宮恩賜庭園ライトアップ
at 2015-03-06 00:30
照明機材のレンタル
at 2013-08-24 16:16
ランドスケープを語る会 『J..
at 2013-05-20 13:20

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

建築・プロダクト

画像一覧

解像度

αLED'S×素材展 Part II」での先日の「TREND OF LIGHT」によるセミナーに続き、岡安泉氏×安東陽子氏のトークセッションにも参加。


テーマは「空間における照明(LED)と布の可能性」。


 


f0322812_0252558.jpg


 


NUNOの安東氏とは東京デザインパーティーに在籍していた頃、あるプロジェクトで一度だけ一緒にお仕事をする機会もあった。


それ以降は、JAPANTEXでの川島織物セルコンブースでテキスタイルを扱う以外、布と絡むような案件はなかなかない。JAPANTEXの場合はテキスタイルを見せるためのブースとなるので、当然、空間と布の関係性というよりも、布のための空間という要素の方が強くなる。


 


そうしたこともあって、今回のセミナーで紹介された事例のような、布が入ることで空間の解像度を変えたり、空間の境界を作ったりという考え方は参考になった。


 


セミナーには東京デザインパーティーの方々や友人も参加していたので、終了後、久々の銀座ライオンへ。


 


f0322812_0252529.jpg


 


銀座コンペ(銀座・京橋・日本橋/中央通り照明デザイン国際競技)に友人とエントリーし、打ち合わせ後の飲みで訪れたのを思い出す。




あれが2006年の夏なので、もう3年も前。


 


もう3年も前の話になるのに、最終審査の結果で一等が決まって以降、進捗状況を耳にすることはない。

公式サイトも閉鎖されてしまっているし、ニュースなどでもその後の話を全く耳にすることもないので、どうなっているのか全く情報が表に出てこないような状況だ。


 


あれだけ大掛かりなコンペをやったのだから、もう少し透明性を持たせて、新しい中央通りの顔を作り出して欲しいものだと感じる。


 


 


 


[PR]
by homura_lsd | 2009-09-10 16:36 | 照明全般