照明デザイナーの視点から光の景観とその表情、見所をレポート。ライトアップやイルミネーションを中心に、その光を当てる対象となる庭園や建築、ランドスケープ空間も巡ります。


by homura_lsd

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
徒然
ライトアップ
庭園
イルミネーション
照明全般
ランドスケープ
建築
指定なし
Link
未分類

以前の記事

2015年 04月
2015年 03月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
more...

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

あざみ野うかい亭 春のバラフ..
at 2015-04-26 16:05
新たなかたちでのライトアップ..
at 2015-03-06 16:31
浜離宮恩賜庭園ライトアップ
at 2015-03-06 00:30
照明機材のレンタル
at 2013-08-24 16:16
ランドスケープを語る会 『J..
at 2013-05-20 13:20

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

建築・プロダクト

画像一覧

泉涌寺のライトアップ

今年からライトアップされている皇室の菩提寺、御寺泉涌寺。


9月20日~23日の前期、11月12日~16日の後期と、2回にわたり夜間特別拝観が行われる。


 


f0322812_0252548.jpg


 


このライトアップは、JR東海の「そうだ 京都、行こう。」の2009初秋キャンペーンとも連動していて、うちもこのキャンペーンでの参加ということで、一般公開前日の19日に見学することができた。

翌日からは屋久島に向けての旅だったので、ちょうど良いタイミング。


 


ライトアップの方は、ベース照明として四方から大きく照らし、ポイントで足元の明かりを配置する手法。




小さな変化する明かりとして、LEDが設置されていた。


 


f0322812_0252580.jpg


LED


 


f0322812_0252575.jpg


LEDによる色変化


 


f0322812_0252620.jpg


 


f0322812_0252647.jpg


 


こうした小さな部分の色の変化で、訪れたひとにインパクトを与えることができるどうかは、判断の難しいところだと思う。


 


イベントと連動していることもあってか、境内には出店のような形で協賛(?)ブースが立ち並んでいた。


 


f0322812_0252673.jpg


 


ライトアップされた仏殿や舎利殿のすぐ横に、客を集めるための無秩序で暴力的な光。


 


ライトアップの幽玄さは損なわれ、光を味わう心も阻害されてしまうような配置がされていた。

せめて境内の外の駐車場のあたりで計画できなかったものなのだろうか・・・?


 


特別拝観ということもあって、重森三玲作庭の妙応殿「仙山庭」も見学することができた。


 


泉涌寺の山内寺院のひとつ「善能寺」にも重森三玲作庭の「仙遊苑」がある。

そちらには以前に足を運んだことがあったのだが、現在では(あまり)手入れもされていないようで、非常に残念な気持ちになったのを覚えている。


 


f0322812_0252625.jpg


仙遊苑・雲紋築山 [2008.5撮影]


 


f0322812_0252676.jpg


仙遊苑・池泉 [2008.5撮影]


 


f0322812_0252667.jpg


仙遊苑・池泉 [2008.5撮影]


 


そうしてこれまで何度も訪れていた泉涌寺。

泉涌寺の奥にも小さな重森三玲作庭の庭があることはこれまで知らなかった。

普段は入れない場所にあるので知らないのは当然だが、それを今回見れたのは、本当にたまたま縁があったようにも思う。


 


f0322812_0252731.jpg


仙山庭


 


f0322812_0252785.jpg


仙山庭


 


 


 


[PR]
by homura_lsd | 2009-10-10 19:15 | ライトアップ